読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌルハチのダメばか日記

ダメ人間ヌルハチがイケてない記事を書いていきます。何の役にも立たないけど、ついみてしまう。そんなブログを書いてこうと思います。

出会い系で中国人の売春ババアにあった話

出会い系サイトで中国人のババアと出会った

どうも童帝のヌルハチです。

今回は出会い系サイトを使った話をしようと思います。

 

時は半年ほど前のことです。

ヌルハチは興味本位でYYCという出会い系サイトに登録しました。

 

f:id:nuruhachikun:20170310082311p:plain

そのサイトの掲示板で出会いを募っている何人かにメールを送ったりしました。

 

出会い系サイトはメールをしたり、相手のプロフィールを見たりするのにお金がかかります。貧乏性のヌルハチとしては出来るだけお金をかけずに、早く相手と会いたいわけです。

 

しばらくして1通メールが返信されました。

 

ゆな27歳@yuna

今、川崎のビジネスホテルに泊まっています。

ぜひお会いしたいです。

 

メールをみて、ゆなさんと会いたいと思ったヌルハチはすぐ返しました。

 

ヌルハチ@nuruhachi

こちらこそお会いしたいです。

今から川崎に行きます。1時間ほどで着きます。

 

ゆな27歳@yuna

はーい、了解です。

イチでよろしく

 

このときイチという意味がわからなかったので検索にかけてみたところ、

どうやら出会い系の隠語で1万円払えということらしい。

f:id:nuruhachikun:20170310082721j:plain

つまり売春であります。

 

しかし当時ヌルハチは性欲が有り余っていたので、風俗代と思って1万円を持って川崎に向かいました。

 

川崎に向かっている電車の中では27歳のお姉さんにエロいことされると思ってウキウキしていました。しかし、この時ヌルハチ苦役列車に乗っていたのです。

 

待ち合わせは普通のビジネスホテルでした。

 

ヌルハチ@nuruhachi

ホテル着きましたよ

どこにいればいいですかね

 

ゆな27歳@yuna

303号室に来てね

 

この時点でヌルハチは相当ドキドキしていました。

f:id:nuruhachikun:20170310083200j:plain

部屋に入るまでは素敵なお姉さんを想像していました。

 

 

ガチャ

 

 

部屋に入ると30代後半の小太りのおばさんが待っていました。

 

ババア「イラッシャイ」

片言の日本語で微笑んできました。

 

ババア「おカネ持ってるヨネ?」

 

ヌルハチ「は、はい」

 

この時ここで中指を立て、退散するべきでした。

 

しかし、なすがままババアに従って1万円を渡してしまいました。

 

ヌルハチはしばらく抜いてない状態で、かなりムラムラしていました。

そのため「まぁ巨乳だから許そう」なんて思ってしまいました。

 

1日何も食べておらず、目の前に消費期限が切れたパンがあって、つい食べてしまった。そんな感覚です。

そのあと腹を壊すことも知らずに.....

 

とりあえずシャワーを浴びてベットに行きました。

 

そこで、ペッティングやキスが行われました。

ババアの髪はかなりカピカピで汚かったです。

 

ヌルハチ「お姉さんはどこ出身なんですか?」

 

ババア「ホンコン」

 

ヌルハチ「へえー」

 

ババア「お兄さん気持ちイイ?」

 

ヌルハチ「まぁ」

 

ババア「モット気持ちいことスル?」

 

ヌルハチ「というのは?」

 

ババア「もう1万円で入れてもイイョ」

 

なんと本番行為をオススメしてきました。

 

ファーストフードで注文が終わったのに、「ご一緒にこちらもいかがですか?」などと言ってくる店員さんのようでした。

 

ヌルハチはこれ以上お金を払いたくなかったので断りました。

 

あとでわかったことなんですが、お金を払って本番行為をするのは法律で禁止されているんですね。

 

この時はそういう知識がなかったので、もしババアではなく、スレンダーなお姉さんだったらお金を払っていたと思います。

 

20分ほどで溜まっているムラムラを出してしまいました。

 

ここでようやく我に帰りました。

 

そして逃げるようにホテルから出ました。

 

家に帰る途中ものすごい嫌悪感に苛まれました。

吐き気もしました。

 

そうです。消費期限切れのものを食べ、体に毒が回ってきたのです。

 

ヌルハチはそれ以降、出会い系サイトを使うのをやめました。

 

みなさんも出会い系の売春ばばあには気をつけてください。

今日もどこかで誰かがやられているでしょう。

 

To Be Continued